『はじめての不動産投資』

『はじめての不動産投資』

超低金利時代の今ですから、一昔もふた昔も以前のような、金利だけで生活、といった安全きわまりない老後生活も夢のごとくになっていますよね。 しかし、年功序列の安心高給中年以降が期待できにくい少子高齢化社会の現在に資産運用はかかせません。資産運用といえば、預貯金、株式投資が代表的です。投資信託やFX、先物取引などもメジャーですね。あります。しかし、ハイリスクハイリターンなのは困る、ということで注目されるのが、なんと不動産投資です。 不動産はそれ自体にも価値がある上、不動産が急激に値崩れをしにくくなった昨今では特に、安定した技術と継続力があれば、手堅く儲かると評判です。また、不動産売買に際し、金利が低さが不動産投資のお得な点に転じる場合もあるのです。

不動産の買い替えが盛んに行われている理由とは?

 最近、日本全国で不動産の買い替え件数は増加傾向にあるそうです。不動産の買い替えは、大きなお金が動き、それなりにリスクの伴うものであるのに、どうして件数が増加しているのでしょうか。 その理由は、昨今の消費税増税の可能性と関係があると言われています。消費税が上がれば、もちろん不動産の購入時に余分なお金がかかることになりますし、いま自分が住んでいる不動産にも新しい買い手がなかなか見つからないといった事態が生じることにもなります。そのため、こうした状況を回避するために、不動産の買い替えが今の内に行われているのです。 つまり、不動産の買い替えで大きなお金を動かすのも、増税後に損をしないためのリスクヘッジの一手段だということです。

Blog

Calendar