自宅を買い叩かれないための任意売却

自宅を買い叩かれないための任意売却

 不動産購入にあたり、もっとも重要なポイントが資金計画です。資金がないと不動産は購入できません。また、無理をした資金計画で不動産を購入しても計画が破綻して返済できないでしょう。 一般的なサラリーマンの場合、不動産購入に当たりローンを組むことが多くなります。返済額はゆとりを持っておいたほうがよいでしょう。具体的には家賃程度が理想です。もう少し具体的に言うと、年収の20%程度が目安と言われています。年収の30%という人もいていますが、かなり厳しい返済になります。不測の事態が起きれば対処できない可能性があります。 不動産を購入しそこに住むと言うことは、生活の拠点になります。多少のことがおきても拠点が奪われないことが大切になります。その意味では柔軟性を確保して不動産購入をすすめたほうがよいといえるでしょう。

不動産取引で重要な書類

 から売買しようとする不動産についての重要な事項を書いた「重要事項説明書」で、もうひとつは契約を結ぶための「売買契約書」です。 一般的に土地・建物の不動産は仲介で売買されますが、そのときに仲介業者が重要事項説明書を作成し、これを用いて買主に物件を説明することになっています。この書類には、その土地がどのようなもので、どのような取引契約を行うのかが記載されます。重要事項説明書は土地、建物などの不動産全般の取引で義務付けられているものなので、これを怠った場合、業者は営業停止などの厳しい処分を受けます。不利な内容を隠して契約を進行させようとする不動産業者が中にはいますので、そのような不動産業者との取引は勧めません。重要事項説明書は内容をしっかりと確かめるためにコピーだけでももらい、内容を吟味・検討し、不明な点があれば、他の不動産業者に聞いたり、役所で調査するなどという慎重さが求められます。

Blog

Calendar