不動産投資にオススメなのはヴィンテージ不動産

不動産投資にオススメなのはヴィンテージ不動産

 不動産投資とは、値の上がりそうな不動産や、賃貸借で安定した収入の見込めそうな不動産を購入し、自らの資金を増やす方法のことを言います。近年、株投資よりもリスクの小さいことから人気の投資法だと言われています。 この不動産投資ですが、最近注目されているカテゴリーに、ヴィンテージ不動産というものがあります。正確な定義はないものの、築10年以上の不動産であり、その立地やレトロなデザインから人気が高まっている不動産のことを言います。比較的古い建物でありながら、相場は新築時よりも高値になっていることが多く、不動産投資の対象として好まれます。自分の居住地の近くに、今後値の上がりそうな素敵な住宅があれば、ヴィンテージ不動産と踏んで購入しておくのも賢い方法かもしれません。

 

不動産投資におけるリスクの理解は大事

 不動産投資で成功をおさめるためには、不動産投資に関する知識を深めることに限ります。特に、どういったリスクが伴うかをきちんと把握していることが重要です。では、不動産投資におけるリスクにはどのようなものがあるでしょうか。 まず、不動産特有のリスクとして、出費が大きい点が挙げられます。不動産購入時もですが、その他にも不動産を維持するために必要となる諸経費、毎年の税金等がかかってきます。こうした金額をしっかりと計算をしないで投資を始めると、思わぬ落とし穴になりますので、気をつけなければなりません。 また、賃貸借に出す場合、賃料の値上がり値下がりが生じる可能性もリスクとして捉えましょう。上のような経費は必ず出ていくものですが、賃料収入が一定額で必ず入るとは限りません。従って、こうしたリスクを計算に入れて不動産を選ぶべきです。

Blog

Calendar