任意売却の方法についてご紹介しましょう

任意売却の方法についてご紹介しましょう

 任意売却の方法についてご紹介しましょう。 単純に「現在の家賃を支払いことが厳しいので、任意売却を行いたい」というようなことはできません。 支払いが遅れて、銀行から債権が保証会社に移って、催告書が着いてから任意売却を行うことが可能です。 催告書というのは、「自分が借金しているお金を、指定された日までに全て返済を行ってください」と言うようなことなのです。 このような催告書をそのままにしていると、裁判所に債権者が申立を行って競売にかけるようになります。 任意売却というのは、少なくとも担保である不動産の競売を開始する決定通知が着いたらすぐに手続きを行うようにしましょう。 競売の決定通知が来てから「入札期日の通知」が来ますが、このような段階になると任意売却はできません。

 

任意売却での引越しは遅めが良い

 任意売却での引越し時期は、物件の購入者が決まり、引渡し日も決まってからにしたほうがいいです。 任意売却成立前に早めに引っ越すことができないというわけではないのですが、早めに引っ越すとややデメリットがあります。 まず、引越し先の家賃が余分に発生することになり、金銭的負担が増します。 また、すでに引越しを済ませているのであれば引越し費用は必要ないと債権者が判断してしまい、引越し費用を任意売却代金から出してもらえない可能性があります。 任意売却においては、あくまでも引越し費用は、債権者の判断に基づくもので、用意が法的に義務付けられているわけではないことに要注意です。 もちろん早めに引っ越す方が、内見希望に応じやすいというメリットはありますが、総合してデメリットが上回りますから、やはり、できるだけ長く住んでから任意売却成立後に引っ越すのがおすすめです。

Blog

Calendar