自宅を買い叩かれないための任意売却

自宅を買い叩かれないための任意売却

 競売で自宅を買い叩かれてしまい、残った残債を払えずに自己破産してしまうことはこのご時勢ではよくある話です。  それを任意売却により、少しでも残債を減らし、破産をせずに、銀行と交渉によって返済可能な方法を話し合います。再スタートを切るためには任意売却によって、できるだけ手元にお金を残しておきたいところです。  任意売却の相談をする相手は間違えてはいけません。  業者によっては任意売却をした後のことなどお構いなしで、売るだけ売った後は知らぬふりをされてしまうような事例もあります。  また、不動産を販売する能力が低い業者に相談してしまったばっかりに、時間だけが経過してしまい、最終的には競売で落札されてしまうという最悪の結果となることもあります。  任意売却の業者選びは、人生において非常に重要な選択肢となることでしょう。

 

「任意売却」のおおまかな流れ

 「任意売却」のおおまかな流れについてご紹介しましょう。 1.住宅ローンを借入した銀行などから催促の連絡があります。 2.任意売却の業務を依頼する業者を選びます。 3.任意売却を依頼する業者が決まると契約を行います。 4.債権者へ任意売却を依頼された業者が販売を行うことの報告を行います。 5.任意売却を依頼された業者が販売を行います。 6.購入をしたい人から買付する証明書をもらって、売買契約を結びます。 7.債権者と抵当権を抹消するための交渉を行います。 8.債権者と合意した後で、残債務がある場合にはその支払い方法を決めます。 9.残ったお金の決済などを行って、最終的に物件を引渡しします。 以上が、一般的な任意売却のおおまかな流れになります。

Blog

Calendar