税金の滞納と任意売却対策

税金の滞納と任意売却対策

 任意売却をする場合にはしっかりとした対策がどうしても必要になります。 その任意売却対策ですが、実は税金の滞納というものが出てきています。 税金の滞納によっては任意売却はできませんので注意しなければいけないでしょう。 その任意売却ですが、特に注意しなければいけない税金があります。 それは固定資産税です。 不動産に関わるものですので、しっかりと支払わなければいけません。 さらに市県民税の滞納も大きく影響をする事があります。 任意売却と固定資産税や市県民税の滞納ですが、実は不動産を再抑えされてしまうことがあります。 任意売却がそういった理由で的なくなることがあります。 しっかりと支払いましてスムーズに任意売却ができるように考える必要があるわけです。

任意売却をするまでの資金のため方

 任意売却をするまでには一定期間資金をためる音ができます。 そもそも住宅ローンの支払いをしなくても良い期間ですので、ある程度ためられる可能性もあります。 毎月数万円でも良いのでしっかりと資産をためられるようにしてください。 任意売却というものですが、行ってから基本的に売却できるまでの期間は数カ月といわれています。 その数カ月の期間に資金をためるわけです。 また任意売却には1年間から2年間ほどかかるケースもあります。 その場合にはその期間その物件に住み続けることもできます。 長期的にその物件にいられましたら、資金もしっかりとためやすいわけです。 任意売却をしている期間を有効活用して、引越し後の生活に備えましょう。 任意売却は住宅を売却できれば成功ではありません。 その後の生活が安定をして、はじめて成功と言えるものです。

【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市

Blog

Calendar