任意売却の手続きをしてもらう不動産業者選びは大切です

任意売却の手続きをしてもらう不動産業者選びは大切です

 住宅ローンを組んで住宅を購入した場合で、住宅ローンを返済できなくなってしまった場合に任意売却という方法で住宅を処分して住宅ローンの返済に当てることがあります。任意売却とは債権者との協議で処分するための価格を決めて売却することを言います。 そして任意売却の手続きをする場合には、不動産業者にやってもらうことになります。なぜなら任意売却には債権者と売買価格を決める必要があり、ある程度交渉をしなければならないからです。そのため不動産業者に任せることによってより自分に有利な条件で任意売却をすることができます。 そして任意売却をしてもらうための不動産業者選びは大切であると言え、より交渉能力の高い不動産業者にお願いしたほうが高い値段で住宅を処分することができるのでいいでしょう。

 

任意売却を利用する場面を考える。

 今回はどのような時に任意売却を利用したらよいのかについて考えたいと思います。 任意売却とは簡単に言ってしまうと、住宅ローンの返済ができなくなった時に、住宅ローンを融資している金融機関の了解を得て家を売却することです。 通常は家のローンが払えなくてそのままにしておくと競売になってしまいます。しかし、競売ではなく任意売却の方がメリットが多いので、任意売却を選ぶようにしましょう。 さて、どのような場面の時に任意売却を利用したらよいかですが、まずは銀行から督促状・催告書が送られてきたら、できるだけ早く任意売却の手続きをした方がよいと思います。というのも、督促状などが送られてきたら競売にかけられる可能性が高くなるからです。

Blog

Calendar