おさえておきたい葬儀の種類

おさえておきたい葬儀の種類

一言に葬儀といいますが、そこにはいくつも種類があります。 日本は無宗教と呼ばれがちな国ですが、葬儀に限っては、これまで仏式葬儀が多い傾向にありました。これは僧侶を呼び、素養を唱えてもらう形式のことで、もっとも一般的な葬儀の方法です。細かく分ければ宗派ごと様々なしきたりがありますが、大体の流れは変わりません。 それに対して神道で行う、神式葬儀というものもあります。これは神官がお祓いという形で行う清めの儀式で、参列者にも神道にのっとった儀礼が求められます。 その他にもキリスト式の葬儀や、宗教を感じさせない自由葬というものもあり、それぞれにルールやマナーというものが存在します。 これからの日本において、葬儀というものは様々な形をとっていくことが予想されます。全ては故人とその家族が決めることなので、参列する場合は柔軟な気持ちで祈るようにしたいですね。

 

優良葬儀社を紹介しているサイト

故人の葬儀を執り行う時にお任せする葬儀社には優良な葬儀社、そうでもない葬儀社といろいろあります。 お見積もりの時は料金が安くても、追加費用があったり、 安い分質の悪いサービスだったり、担当者によっては当たり外れもあります。 実際にご利用された方は身近にいれば聞くことが出来ますが、 身近にいないときは事前に見極めることは困難で利用してみないと分かりません。 そのような時は優良葬儀社を紹介しているサイトで選んではいかがでしょう。 まずは一般葬、家族葬、一日葬、直葬などご要望の葬儀形式やご予算などをしっかりとお聞きし、 それに対応できる信頼できる葬儀社をご紹介しています。 葬儀社よりの立場で紹介していないのでご利用にも安心です。 しかも無料で紹介を受けることが出来ます。

Blog

Calendar